真盛豆とは / What's SHINSEI-MAME

登録商標 真盛豆

真盛豆 京都北野、西方尼寺の開祖 盛久・盛春両尼は、室町時代の聖僧 真盛上人の仏弟子にて真盛豆の製法を伝授され、代々同尼寺に伝えました。

天正十五年 北野大茶会の時、豊臣秀吉公が真盛豆を召され、「茶味に適す」と賞賛された同行した細川幽斎は「苔のむす豆」とたとえたと伝えられています。

明治初年、初代金谷正廣は採用尼寺からその製法を伝授され工夫を重ね銘菓として茶人通人に賞賛されています。

煎った丹波産黒豆に大豆粉を幾重にも重ね、青のりをかけた真盛豆の風雅な味をお楽しみください。

創業安政三年 金谷正廣