店舗概要 / Store Summary

江戸時代末期 安政三年(1856)石川県加賀の菓子職人であった金屋庄七(後に金谷正廣と改名)が京都に出て菓子業を始めました。

明治の初め頃、京都北野上七軒にある、裏千家にゆかりの深い天台真盛宗、西方尼寺に出入りを許されていた初代金谷正廣は、真盛豆の製法を伝授され改良を重ね菓子として完成しました。
現在でも茶人通人の皆様にご用命頂いております。

大津市坂本五丁目にある天台真盛宗総本山西教寺は、明智光秀のお墓がある事でも有名ですが、そちらの受付にて真盛豆をお求め頂けます。
また、京都市左京区岡崎にある、明治の元老 山縣有明の元別荘無隣庵は、小川治兵衛(植治)作の庭園が有名です。
そちらでは、植治の庭を眺めながら、お抹茶と真盛豆をお楽しみいただけます(有料)。